高遠そばますやは伊那市高遠町の自家製粉そば屋です。

三種のそばと三種のつゆ

高遠そば ますやには、天ぷらもかけそばもありません。「高遠そば」を主軸にざるそばだけです。

三つの石臼で三種の粉を毎日朝碾きします。 「玄」は歩留まり6割細めの二八。手碾きの「抜き」は粒つぶが見えもっちりした十割。「田舎」は甘皮を加えた黒く太く手強い十割。この三種を半量ずつ茹でたてで出します。

つゆも三種類を用意。本枯本節と希少糖できりっと仕上げた江戸風つゆ。鯖節の甘味と焼味噌の香りの高遠そばつゆ。三峰川の岩魚を焼干しにして12時間低温抽出した個性的なツユもあります。お好みの組合わせが見つかるかもしれません。

高遠そばって??

たくさんの辛味大根をおろし、グリルで味噌を焼き、大きなすり鉢に入れ、すりこぎで軽くあたってネギを入れる。食卓の真ん中に置いたすり鉢から、そば猪口の煮干し出汁に多めに入れて、母ちゃんの打った蕎麦をワシワシ食べる。それが自分が小さいころから食べてきた「からつゆ」です。

高遠そばは、そんな焼き味噌と辛味大根の素朴な「からつゆ」がルーツです。江戸時代初期は砂糖、鰹節、醤油、味醂がとても希少で高価だったため、塩以外は畑で採れた物だけで蕎麦つゆにしていました。洗練された江戸の醤油つゆは、江戸時代も後半にできたものなんです。詳しくは

ちいさな蕎麦屋ますやからのお知らせ

  • ■縮小営業中(店内6組まで、メニュー限定、最大30人前、換気最大、相席なし)
  • ■約20席の小さなそば屋のため、席予約はできかねます。
  • ■入野谷在来そばは3月末で提供を終了しました。来年をお楽しみに。
  • ■三種の蕎麦をそれぞれ半人前ずつ茹で、辛味大根も注文ごとに手おろしするため、他店より提供時間がかかります。一年を通じて全量自家製粉手打ちなので早めの品切れもあります。いろいろご迷惑をおかけします。

ナビが不正確なときはマップコード 171 323 168*63 をお使いください

営業カレンダー

2020年4月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
2020年5月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ますやについて

  • 営業 11時~15時半L.O.
  • 定休 不定休(基本火曜休み)
  • 電話 0265-94-5123
  • 住所 伊那市高遠町東高遠1071
  • マップコード 171 323 168*6
  • 駐車 10台
  • mail soba.massya@gmail.com
  • 画像 ますやの四季

↑ PAGE TOP