高遠そばますやは伊那市高遠町の自家製粉そば屋です。

四種のそばと三種のつゆ

高遠そば ますやには、天ぷらもかけそばもありません。「高遠そば」を主軸にざるそばだけです。

四つの石臼で四種の自家製粉をしています。 「玄」は歩留まり6割の細めの二八。伊那唯一毎日手びき臼で碾く「抜き」は粒が見えるほど粗い十割。「田舎」は甘皮を多めに加えた黒く太い十割。更に専用低速臼で超粗挽きにした「入野谷在来」もあります。この四種をお客様に合わせて半量ずつ茹でたてを提供します。

つゆも三種類を用意。焼き味噌の香りと枯鯖節の甘味の高遠そばつゆ。本枯本節できりっと仕上げた江戸風つゆ。三峰川の岩魚を焼干して、長時間低温で抽出したつゆもあります。

高遠そばって??

自家製味噌を焦げ目がつくまで焼き、辛味大根をおろしてすり鉢に入れ、すりこぎで軽くあたってネギを入れる。食卓の真ん中に置いた大きなすり鉢からお玉でとって、煮干しの出汁に多めに入れ、母ちゃんの打った蕎麦をワシワシ食べる。私が子供の頃から食べてきたこの「からつゆ蕎麦」がますやの高遠そばの素です。

高遠そばは、江戸時代から伝わるの焼き味噌と辛味大根の素朴な「からつゆ」がルーツです。そのころはは砂糖、鰹節、醤油、味醂などは希少だったため、塩以外は畑で採れた物だけで蕎麦つゆにしていました。詳しくは

入野谷在来って??

昔の入野谷のそばは旨かったと何度も聞き、なんとか復活できないだろうかと探してきました。たった20gの「入野谷の浦」で栽培されていた種が、2013年に塩尻花卉試験場で見つかりました。一刻の山根氏、飯島市会議員、わたしが、試験場に訪れて増殖を依頼、そのうち芽が出たのはわずか6粒。その6粒が6年かけて市販できるまで復活しました。詳しくは

  • 入野谷在来超粗びき
  • 入野谷在来
  • 入野谷在来

お知らせ

  • ■縮小営業中です。店内5組まで、相席なし、14時半LO、一日最大50人前まで。
  • ■約20席の小さなそば屋のため、席予約はできかねます。 混雑時ウェイティングシートに記入願います。
  • ■四種の蕎麦を半量ずつ茹でるため、他店よりほぼ2倍の提供時間がかかります。一年を通じて全量自家製粉手打ちなので早めの品切れもあります。ご迷惑をおかけします。

ナビが不正確なときはマップコード 171 323 168*63 をお使いください

営業カレンダー

2021年12月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
2022年1月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ますやについて

  • 営業 11時~14時半L.O.
  • 定休 不定休
  • 電話 0265-94-5123
  • 住所 伊那市高遠町東高遠1071
  • map code 171 323 168*63
  • 駐車 10台
  • mail soba@massya.com
  • 画像 ますやの四季

↑ PAGE TOP