ますやでは、自家製粉で三種類のそば粉を作り、手打ちしています

手作り電動ふるい二号

尺二(36センチ)の自動ふるいを作ります。

  • ●なにはなくとも親輪と呼ばれる尺二の篩枠がなければ…新潟まで電話して入手。網は自分で張ります。
  • ●一辺が48㎝角の箱。尺二(36㎝)の篩をおさめるために、内寸で44.5㎝を確保。
  • ●篩の固定は、当初は漬け物桶をカットしたもの予定。しかし、これだと粉受けが難しい→
  • ●ダイソーで見つけたタライに変更、底を切り取りました。ぴったりで400円
  • ●外箱に当たらないように加工したタライを、ばねで仮止め。これで粉が中心に集まります。
  • ●揺動は、200rpmに落としたギヤモータ、ヤフオクで2千円強。パナソニックのM6RA6G4L

●大きさは、こんなもの。●ダイソーで見つけた円柱の木材を加工して→●モータに固定。

●大きさは、こんなもの。●ダイソーで見つけた円柱の木材100円をこんな形に加工して→●モータに固定。

●叩き終わったらこんな状態。これが蕎麦??●目のおおきな篩にかけて、大きなゴミを取り除きます。いろんな虫がすごい。●まだ、蕎麦の実はほとんど見えません。このあと、唐箕にかけて、実と葉を分けます。

●一時間に1kgほどをゆっくりと石臼で碾いて粉にします。●「玄」は40Meshで篩います。●玄そばからの歩留まりは60%。左側の殻の方が嵩はありますが、重量比で4割です。

●澱粉質主体の「玄」握ってもさらっとしてます。贅沢な粉です。

十割そばを碾いて打つ。

●鬼殻を取り去った「丸抜き」は、粗碾き10割「ぬき」になります。この薄緑色がそのままそばの色になります。●これを、伝来の臼で手びき●かなざるでふるって、篩上をもう一回手びきします。

●そば粉一人前は約120g、加水60%弱で茹で前180gとなります。●20メッシュでふるうと、篩上に残りますが、これも一緒に打ちます。●加水、水回しして、ドウになりました。

●軽く上下にのして長円型に。●普通とは逆に手前側からのしはじめます。「ひっぱらないで」「押すように」のす。●まきなおして、反対側ものし上げます。四つ出しは粗挽きには負担が大きいのでしません。

●つぶつぶが見えます。●三枚タタミの二枚折り●やや太めに切ります。

●一人前ずつ紙にのせます。斜めに乗せることで、三角形の頂点を持つと、そばを曲げないで保持できます。。●茹であげるまではできるだけ動かさないように保存。●茹でると麺線から「つぶ」が飛び出てきます。もちっとした食感、高い薫りです。

 

自作電動臼2号(低速変則大目)

  • 寸胴と木材はカット済み
  • 途中までは組み立てだけです
  • ほぼ形はできた
  • モータ軸が異径なので
  • 高価な異径ジョイントを購入
  • 角穴に合う金具を制作
  • 位置関係
  • 三相200vモータ 固定
  • 下臼の高さに金具をあわせます
  • ダイヤモンドカッタとコツコツ切削
  • 上下臼ともに変則大目
  • 単相→200v三相変換インバータヤフオクで入手
  • 細目と太目が交互
  • 角穴の摩耗防止の金具制作

営業カレンダー

2021年6月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
2021年7月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ますやについて

  • 営業 11時~14時半L.O.
  • 定休 不定休
  • 電話 0265-94-5123
  • 住所 伊那市高遠町東高遠1071
  • マップコード 171 323 168*6
  • 駐車 10台
  • mail soba@massya.com
  • 画像 ますやの四季

↑ PAGE TOP